イオン銀行のキャッシングカードの特徴

最近は流通系企業のキャッシングサービスの提供が増えていますが、
その一つに「イオン銀行」があります。
イオン銀行は、ショッピングモールやスーパ、コンビニを持つ
イオングループのインターネット専業銀行です。

銀行キャッシングについては「千葉銀行のキャッシングにおける特徴とは」で
千葉銀行も紹介しています。合わせてお読みください。

イオン銀行の特徴

ATM利用や店舗があるところも!

ネット専業銀行ではありますが、キャッシング用のATMが
イオンショッピングモールなど、グループの店舗に常設されています。
さらに、グループのショッピングセンターには、
有人の「インストアブランチ」を設けており、ネットのみならず、
対面での相談や案内を行う店舗型の銀行も兼ねています。
「インターネットのみでの銀行取引は不安」という人でも、
安心して利用できるのが特徴にもなっています。

EnetのATMが設置してあるコンビニで利用できる

手数料は掛かりますが、ファミリーマートやデイリーヤマザキ、
サンクスなど、EnetのATMを設置しているコンビニでもイオン銀行からの
キャッシングが利用できます。

入・出金履歴はネットで確認

キャッシングカードは発行されますが、預金通帳は発行されないので、
入・出金履歴の確認などはホームページ上で行うことになります。
この点は、ネット専業銀行の特徴でもあります。

オンライン取引では振込手数料が無料

なお、イオン銀行では、オンライン上での振り込みに関しては、
金額の多寡に関わらず、振込手数料が無料となっていますが、
ATMを利用した現金での振込の場合は、振込手数料がかかります。
従って、キャッシングの返済にはネットを利用する方がお得と言えます。

イオン銀行の預金金利はネット銀行の中でも決して高い方ではないため、
キャッシングに利用するなら便利ですが、
お金を増やすことが目的の人には適している銀行とは言えません。

しかしながら、キャッシングカードを持っていると、
グループ店舗でショッピングをした時にポイントが付いたり、
割引がされたりするサービスが豊富にあるので、
グループ店舗でのショッピングをする頻度の多い人には
実用性を備えたお得なカードと言えます。

さらに、キャッシングカードにはクレジット機能や
電子マネー機能(WAON)が付いているため、
単なるキャッシング用だけではなく、幅広い利便性も備わっています。

COPYRIGHT© 2013 キャッシングそれぞれの特徴 ALL RIGHTS RESERVED.