所得証明書不要のキャッシング

いつでもどこでも気軽にお金を融資してもらえるのが
キャッシングの最大の魅力です。

しかし実際にキャッシングするために金融機関に申し込むとなると、
いくつかの書類を提出することが必要になります。
なかでも用意するのが面倒なものが所得を証明するための書類です。
一般的には源泉徴収票や給与明細書、納税証明書などがこれにあたります。
これらの書類は勤め先や市区町村役場まで出向いて
発行してもらわなければいけません。

所得証明不要でキャッシングできる?

しかし最近では、これらの所得証明書の提出が不要なキャッシングサービスを
展開している金融機関も増えてきました。
そもそも所得証明書の提出が必要なのは貸金業法による総量規制があるからです。
したがって貸金業法の対象外である銀行のカードローンなどでは
所得証明書の提出が不要になるのです。

銀行では100万円以下であれば所得証明書不要なケースが多い

もちろん銀行のカードローン商品のすべてにおいて、
所得証明書が不要なわけではありません。
多くの銀行では利用限度額100万円以下の場合にのみ
所得証明書の提出が不要とされています。

消費者金融は50万円以下であれば必要ないケースが多い

また消費者金融業者においても所得証明書不要のところが増えています。
ただしこちらの場合は利用限度額50万円以下までなど
銀行よりも借り入れ限度額が低くなる傾向にあります。

このように銀行でも消費者金融業者でも所得証明書不要で
キャッシングできる金融機関はたくさん存在します。
それぞれの金融機関により借り入れ限度額や付帯するサービスにも
違いがありますので、よく調べてから利用することが大切です。

COPYRIGHT© 2013 キャッシングそれぞれの特徴 ALL RIGHTS RESERVED.